なりたいけど書きたくない!

小説家になりたいけど、書きたくない私が、どうすれば書き続けられるのかを模索していくブログ。

書けなかった今日を、明日になってから推敲することはできないよ

ブログを書くのがこの上なく億劫な理由を説明しよう。問題点はたぶん三つくらいある。当てずっぽうの数字なのでもっと多いかもしれない。まず、書くことを決めていない。その都度ノリで話している。おかげで書いてる最中は楽ではあるが、書くまでの取っ掛か…

明日から本気出す人の作業記録

ブログのタイトルをまた変えた。今日から本気出そうと思ってたから。書けない書けないと長年苦しんできたけど、そろそろ自分に正直になろうと思う。はっきり言ってしまえば私は書きたくない。小説家にはなりたいけれど、できることなら書きたくないのです。…

小説家じゃない私のこれまでとこれから

ブログのタイトルを変えてみました。なんか挑発的だった前のタイトルも気に入ってはいたんですけど、飽きたので。心機一転じゃないけれど、新しく始めていこうかなと。いままで書いたことは私も忘れるから、みなさんも忘れましょう。以前とは取り組み方も書…

テスト

ポメラからメール経由で投稿できるか。

〼連載という形

三作目の推敲が終わったので、発表したいと思います。いままでは一気に全文を公開していたのですが、今回は連載形式にしようかな。というのも、いま私はnoteというものをやっていて、そこで垂れ流してる脳内雑記のことはまあいいのですが、他の人の小説を読…

〼響の方法は響かない

「響 〜小説家になる方法〜」という、私ホイホイのタイトルの漫画があったので手にとってみたのですが、最後まで読み進めることができませんでした。絵は好きな感じなんですけどね。ギャルみたいな先輩は可愛いし、主人公だって変なことしなければ可愛い。で…

〼日本語マジやばたん伝説

文学というより言語学の話になりますが、私たちが普段使っている日本語って、ルーツをたどれば中国なんですよね。そもそも日本人は文字を発明することができませんでしたから。五世紀頃になってやっと、中国から文字を輸入して使い始めたわけです。横文字を…

〼礼法室のメトロノーム

私の最初の読書体験は、中学二年の頃でした。小説家を目指すような人間は幼少期から本の虫だと思われがちですが、私に関してはそんなことはありません。むしろ外で走り回るような子でした。きっかけは担任の先生が貸してくれた本です。中学一年の頃に父を亡…

〼まんまと「Free!」の名前考察をしてしまう

前置きしておきます。今回の記事は読まなくてもいいです。というより、読まないほうがいい。理由としては、このブログの趣旨から大きく外れていることともうひとつ、私の気持ちの悪い面がふんだんに盛り込まれているからです。まあ、最近見始めたアニメの話…

〼ゴリラにならない、てにをは辞典

辞書の話をしよう。私が遠征するにあたってダンボールに詰め込んだ辞書はその一冊だけ。そう、ご存知『てにをは辞典』です。象さんマークの水色の辞典。あらかわいい。書く人のための辞典と謳っている通り、執筆には大いに役立ちます。てにをは、つまり助詞…