なりたいけど書きたくない!

小説家になりたいけど、書きたくない私が、どうすれば書き続けられるのかを模索していくブログ。

〼夜に朝は変えられない

眠たみ。早起き生活を続けていても、朝眠たいことはときどきあります。ちょっと夜ふかししちゃった時とか、はしゃぎすぎてクタクタですとか。

今朝はそれのダブルパンチ。いろいろと事情がありまして、一睡もせずカラオケしてました。ご安心ください。ヒトカラです。ずっと歌ってたので喉が死んでます。

こういう時はね、寝るに限るんですよ。朝四時に起きてどうしても眠い時は、NSだけで切り上げて二度寝することもしょっちゅうです。

頭が働かないときは、15分が長く感じます。ちらっとタイマーを見て「まだ10分かぁ」と思ったときは調子悪いです。逆に気づくと15分経ってた、みたいな日はその後の作業も順調に進むことが多いですね。

NS(ノンストップライティングの略なんですけど、略すとこおかしくない? っていま気づきました。恥ずかし)はその日の体調を占うのにも役立つ大切な習慣です。


というわけで、寝たいのはやまやまなんですけど、このまま始発に乗って旅立たねばならないわけでして。改札前であったかーい彩鷹をカイロ代わりに、眠気を押し殺してブログ書いてます。

眠いときは寝るしかないんですよ。いいですかみなさん。眠いときは寝るしかないんです。つまり眠いときは寝ろってことですね。

徹夜もオールも何年ぶりだろう。面白い本読んでるときでも、十二時前には絞りカスのような意志力を栞に変えて、本閉じて眠りにつくのに。

徹夜なんて百害あって一利なしです。ってことを皆さんに伝えられることが、かろうじて一利になるかもしれませんが。

いくら夜を伸ばしても得したように感じられないのは、朝の充実した時間を経験してしまっているからでしょう。

とはいえ、歌うことで気づけたこともいくつかありました。プラス一利で二利獲得ですね。まあ、寝て起きたら忘れてるかもしれませんけど。