〼小説『水流のロック』

とうとう小説を投稿してしまいました。初めての作業なので、やたらと時間がかかったなあ。

とりあえず
カクヨム

エブリスタ

小説家になろう
に投稿いたしました。

どれが一番読みやすく、一番読んでもらえるんだろう。毎回複数のサイトに投稿するのは面倒なので、様子を見て一つに絞っていこうと思います。


さて、このタイトルを見てピンとくる方も多いのではないでしょうか。

そうです。この小説は日食なつこの『水流のロック』という曲にインスピレーションを受けて誕生しました。というわけでタイトルもそのままお借りして、水流のロック。

線引きが難しいですが、おそらく文芸誌の公募などには受け入れてもらえないのではないでしょうか。内容はオリジナルなんですけどね。

音楽を聴いていて、物語がふっと浮かんだ経験はありませんか。私はしょっちゅうあります。なのでもう、意識して曲から物語を作ってしまおうと思い立ち、ようやく形になった次第です。

物語が浮かぶどころか、自分で考えたストーリーに曲を当てはめて、歌いながら感極まってしまうこともあります。「あっ、この曲この物語にぴったりだ……!」と当たり前のシンクロに感動してみたり。

今後はこの作品を教材にプロットの具体的な作り方や推敲のやり方などを紹介することもあるかもしれないので、予習しておくといいかもしれませんね! ね!

私の作品に興味がなくても、日食なつこの『水流のロック』はぜひとも聴いてください。あなたの創作どころか、人生の参考になること請け合いですよ。