〼旅人はポメラで物語る

みなさんは執筆するとき何を使っていますか。パソコンで書いてる、原稿用紙に万年筆で書いてる、床にこぼした水を足の指でなぞって書いてる、など人それぞれでしょう。

というわけで今回は、私が執筆時に使っている道具を大公開しちゃいたいと思います。さっそくリストアップしていきましょう。

●ポメラDM200
●ストップウォッチ
●方眼&罫線メモ帳
●フリクション

他にも細かいことを言えば、椅子やヘッドホンやこのiPhoneだって執筆時に活用してる道具ですが、今回は割愛させていただきます。

とりあえずこの四つだけ持っていれば、いつでもどこでも作業できます。

とくにポメラは手放せません。昔はパソコンでも書いてたんですけど、いまはポメラでしか書いてませんから。

起動が早いし、場所取らないし、親指シフト使えるし、ポメラ以外ではもう執筆する気になれません。私のパソコンなんて起動に五分はかかるし、うまく起動してくれる確率は五分五分です。ムキー。

それに私はころころ住処を変えるので、フットワーク軽く持ち運べるポメラさんは重宝してます。あ、ポメラさまですね。失礼いたしました。


そしてストップウォッチ。無駄に高いやつですが、もう6万時間以上測ってくれているので、元は取れているでしょう。

ポモドーロをしたいという目的があったので、作業+インターバルを繰り返せる機能のついたストップウォッチを選びました。しかしまあ、べつに普通のやつで大丈夫です。

メモとフリクションはいつか紹介したとおり、作業記録のために使います。

これらをカバンに詰め込んで、ひと切れのパンとナイフとランプをクローゼットにしまったら、いざ出発です。あっ、パンは食べてから行きましょうか。

いつか終の住処を見つけたら、そのときはパソコンを買い換えたいです。