〼ああ、憧れの創作ノート

創作ノートはお持ちでしょうか。思いついたネタやセリフや章立てなんかをメモした、小説家の秘密のノート。

そんな創作ノートに憧れて、私も何度かトライしてみたのですが、これがなかなか続かない。かわいいノートを見つけては、これから私のアイデアを蓄えた良き友になるであろう未来を想像して、つい買ってしまいます。

しかしノートはずっと白紙のまま。なんとか書き始めても最初の数ページで終わってしまう。新しく創作ノートを始めたいときは、以前に書いた部分を綺麗に切り取って捨てちゃったり。

なんていうか、ノートを汚す勇気がないんでしょうね。子供の頃から板書はきれいにレイアウトしておくもので、学びや思いつきを余白に書き込んだり読み返したりする習慣がなかったからなあ。

そして創作ノートはそれ自体が創作物であるのも、続けるのが難しい理由です。記録メモはとれるんですけど、ネタ帳となると構えてしまう。ここには面白いことしか書いちゃいけないんだと、誰に見せるわけでもないのにカッコつけてしまう。昔書いたアイデアも破り捨てちゃうのは、自分の才能のなさに直面するのが嫌だから。


私がこれまで挑んできた創作ノートは、サイズもテンプレートも様々です。

でかいノートにマインドマップを書いたこともありました。小さな手帳でプロットを組み立てたこともありました。キャラクターのプロフィール帳を作ったり、思い浮かんだことをとりあえず書き込みまくったり。

人の記憶力なんて、自分で思っているほど当てになりません。素晴らしいアイデアを思いついても、一時間後には忘れています。思いついた、という事実だけ覚えていて、あとでやきもきすることもしょっちゅうです。

それならメモを見返して、なんだ大したアイデアじゃないじゃん、とがっかりするほうが建設的です。

創作ノートはもしかしたら、自分のつまらなさを確認するためのノートなのかも。

そう割り切って始めれば続けられるかもなあ。


モレスキンとかロイヒトトゥルムとか、高価なノートがあれば、と夢見るのですが、いくら道具を揃えても使うのは私なので、結果は目に見えています。

むしろノートなんて安いのでいいのかもしれない。逆に表紙をたわしでゴシゴシ磨いて、角をヤスリで削ってボロボロにすれば、構えることなく使い倒せるかしら。

と、ここまで書いて気づいたのですが、もしかしたら字が下手で漢字もわからないのが最大の原因かも。

なら、スマホのメモ帳でいいや。としばらくは自分を騙しておくことにします。